読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフ親父の筋トレ今昔日記。以前と比較してどう変化したかを綴ります。

40代後半より筋トレを始めたアラフィフ親父の筋トレ日記です。中年になっても効果のある方法やオススメグッズ、体のケア方法なども併せてお伝えしいきますね。

この原田式メソッドは、子供達にも伝えていきたいですね。


f:id:redeagle01:20170129134509j:image

 

これからの社会はますます生きていくのが大変になりますね。ある統計によると、今私たちが行っている仕事の4割ほどは将来なくなると言われています。

 

それはAIの発達により、今まで人間が行っていた仕事をロボットが行う事が出来るようになるからです。

 

という事は人間は新たに仕事を創出していかないといけないという事になります。私は今五十代ですが、あと10年くらいは大丈夫だと思いますが、それでも二十年後には今ある多くの仕事がなくなっている可能性も出てきますね。

 

私の娘は今中学一年生、息子は小学校五年生なんです。子供の将来を考えると本当に不安になってきますね。私が大学に行っていた時代は、とにかく一流大学に入り、一流の会社に入社する事が出来れば、それでほぼ一生安泰という時代でした。

 

会社に入るまでは必死で勉強しないといけませんが、入ってからは年功序列でそれほど血眼になって努力しなくてもそこそこの地位と収入は得ることが出来る時代であったと思います。

 

でも、これからの時代はそうはいきません。学歴なんかは本当に当てにできない時代がもうそこまで来ているんです。

 

そういう意味では、私たち大人ももっと危機感を持った方がいいかもしれませんね。そして今中学生や小学生のお子さんを持っている親御さんは、もっと将来の子供の事を考えていかないといけないと思うんです。

 

基本的な躾や習慣は家で教えて、出来るようにさせていく必要がありますね。例えば外から帰宅したら、きちんと靴を揃える、これは子供を教育していく上で大切な事だと思っています。

 

ですから、私は今まで出来るまで、習慣として根付くまでひつこく言い続けてきました。数年かかりましたが、やっと習慣として根付いてきたと思います。

 

たった靴を揃えるという習慣をつけるだけでも、かなりの時間がかかるものです。これは身を持って実感しています。

 

長女はようやく、親がいちいち言わなくても自主的に机に向かい、勉強する習慣がついてきました。これもここまで来るのに、数年かかっている訳ですね。

 

そして、この四月からは私が用意している英会話の教材をさせるつもりでいます。押し付けて強制的にさせるのはなくて、必要性を説明してやる気にさせて、自主的に自分の意思で続けていけるようにするつもりです。

 

自主的に、自分の意思で・・・ここが大切なんですね。強制してさせても、高い確率で途中で辞めてしまうからです。

 

せっかく始めた事でも途中で辞めてしまっては意味がありませんし、それまでにかけた時間は全て無駄になります。

 

私は個人的にも時間を無駄にするのは大嫌いです。ですから、子供にも時間を無駄にしてもらいたくないんです。

 

ですから、四月からスタートする予定にしていますが、ゆっくりと時間をかけて必要性を説いて、納得させて、そして自分の意思でするというのが見えたら始めさそうと思っています。

 

これからの子供たちには武器が必要です。大学を出たら一旦は就職するはずです。何の特技もなくて、武器もなくて社会に出すのは親として不安があります。

 

ですから、少しでも武器を多く持たせて社会人として巣立って欲しいと思っているんです。その為の英会話のスキルです。

 

別に英語でなくてはいいんですけどね。今世界の三大言語は英語、中国語、スペイン語です。この三つの中でどれでもいいんです。

 

どの言語を身につけていても損はありませんからね。でも、さすがに今の日本では中国語やスペイン語は教材は少ないし、勉強する環境は少ないと思います。

 

英語なら小学校の高学年から勉強を始めているので、子供にとっても違和感はないと思います。学校に行って英語を学んでいるだけでは、なかなか英会話は身につかないのが実情です。

 

そういう意味もあって、自分で英会話の教材を購入して娘や息子に学習させようと思っているんです。

 

それがいいか、悪いか、将来役に立つか、立たないかやってみないと分かりません。でも何らかのプラスにはなるはずです。

 

こういう学習を通じて、目標の立て方、目標の達成の仕方、もっと大きく言えば、夢を持ってその夢を実現させていく方法などを教えていければいいなと思っています。

 

野菜は農家の人が時間をかけて育てていきますが、方法さえ分かれば自分で育てる事が出来ます。子供の教育を学校やその他の教育機関任せ、人任せにするのではなくて試行錯誤しながらでも構わないので、自分も成長しながら子供たちに伝えていければいいなと思っています。

 

今日も朝から、原田式メソッドを読んでいました。何度読んでもいいですね。勇気が湧いてきますね。このメソッドを子供たちにも身につけてもらいたいですね。

 

 

今このメソッドは世界中に広がっています。原田メソッドの認定パートナー制度というものもあるみたいです。日本では今800名が認定パートナーとして活動しているとの事です。

 

日本で生まれた方法が世界に広がっているのが嬉しいですよね。英語やドイツ語、フランス語など翻訳されて出版されているようです。今後は海外から逆輸入されるかもしれないと言う話もありますね。

 

私も本物と出会うことが出来て嬉しいと思っています。